綺麗な窓辺に生まれ変わらせる

防犯対策ができる窓

不審者の侵入を防ごう

窓を割られて、営業所内に不審者が侵入するトラブルが起こっています。
そのようなトラブルを回避するために、合わせ複層ガラスに交換してください。
するとガラスを割ろうと思っても、ヒビが入るだけで割れることはありません。
二重窓にするのも、ガラスが割れにくくなるので防犯対策になります。

余裕があればシャッターや雨戸、面格子を付けても良いですね。
それらは壊すのに時間が掛かるので、不審者が避ける傾向が見られます。
窓辺を綺麗に見せようとリフォームするのは良いですが、防犯対策も意識してください。
誰でも簡単に侵入できる状態だと、大事な情報を盗まれてしまいます。
1回でもトラブルが起こると、営業所の信用を失うので注意してください。

業者のスタッフに聞こう

まずその業者で、どのような窓ガラスを扱っているのか調べてください。
業者によって扱う種類が異なるので、これが良いと希望しても叶わない可能性があります。
希望する窓ガラスがあるなら、それを扱う業者に相談しましょう。
また防犯対策に窓ガラスが良いと思っていても、具体的な種類がまだ決まっていない人が見られます。

その場合は、業者のスタッフに相談してください。
こちらの希望やイメージを伝えることで、ふさわしい窓ガラスを紹介してくれます。
自分で考えるだけではイメージが固まらず、工事が行えるまで時間が掛かります。
どんどんスタッフに相談して、専門家からの意見を取り入れてください。
すると安全性を高めつつ、窓辺が素敵な雰囲気になります。



ページ
先頭へ