綺麗な窓辺に生まれ変わらせる

日差しを遮ることのメリット

室内の日焼けを防ぐ

夏に太陽の日差しが室内に入ってくると、室内の気温が上がってしまいます。
すると冷房の温度を下げなければいけないので、電気代が高くなるでしょう。
日差しを遮るリフォームを行えば、そのような事態を避けられます。
また紫外線をカットできるので、窓辺で仕事をしている人も気になりません。

紫外線をたくさん浴びると日焼けするので、毎日日焼け止めクリームで対策を行っている人が見られます。
リフォームするとそのような心配は必要なく、仕事に集中しやすくなります。
また日焼けは、室内もすると思ってください。
壁や床が日焼けすると、その部分だけ色が変わります。
汚く見えるので、綺麗な営業所を維持するために直射日光が入らないようリフォームしましょう。

様々な道具がある

オープンルーバーがあれば、日差しを遮断できます。
上吊り引き戸形式になっており、使わない時は収納できる面がオープンルーバーのメリットです。
必要ない時は収納して、窓辺をスッキリ見せてください。
アウターシェードは日光の遮断率が80パーセント以上と、非常に高い面がメリットだと言われています。

見た目にこだわりたい人は、オーニングを使ってください。
オーニングとは窓の上部に付ける、テント生地のひさしになります。
様々なカラーバリエーションがあり、好みの色を選択しやすいです。
シンプルに見せたいなら、白やベージュが良いでしょう。
営業所の雰囲気に合わせやすいですし、オーニングがあるだけでカフェのようなオシャレな雰囲気に変身します。



ページ
先頭へ